いよいよ作品展も終盤・・・・・

7月中旬より始めた作品展 早いもので残り僅かな日取りとなりました 毎日を作品と共に過ごし 作り手の想いをこれほどに愛しいと かつて感じたことがあっただろうかこれまで作品展を何度も開催し開催の度に作り手のここを 伝えたいそれだけで回を重ねて来た私なのに 今回と同じように各作り手の想いを愛しいとして開催して来た事 これに間違いはないのだけれど 今回は痛烈に訴えかける作品の声が何故か 耳に残る心地よいプレッシャーのせいだろうか・・・・・・ 終の住処として選んだ ここ追分の地で 気づかせて頂いた 心のありよう自分を信じ迷うことなく 一心不乱に作り手の想いを 伝えきるこの事の為に手段と方法を養う時間と労力が 私にとって一番心地いいと云う事を・・・・葉隠れに覗く どんぐり 次の季節を 知らせてくれている